南海トラフ巨大地震 被害 死者の予想は?

国の試算では、最悪の場合、南海トラフ地震による死者数は32万人を超え、経済的損失は220兆円を超えるとされています。一方で、対策を講じれば損失を大幅に減らせる可能性もあります。

発生確率は?

政府の地震調査委員会によると、今後30年以内にマグニチュード8~9の大地震が発生する確率は70~80%で、その破壊力は四国、近畿、東海の広い範囲に及び、東日本大震災をはるかに上回ると想定されます。

死者32万人超 経済被害220兆円を超える

南海トラフで巨大地震が発生すると、多くの地域が激しく揺れ、沿岸部では最大30メートルの巨大津波が予想されます。

最悪の場合、関東から九州までの30県で合計32万3,000人が亡くなり、238万棟以上の建物が地震や火災、津波によって全壊・焼失すると推定されています。

地震発生から1週間で950万人もの人々が避難所や親戚の家に避難しました。約9,600万食が不足すると言われています。

また、被災した施設の修復費用や、企業や従業員への影響を加えると、経済的な被害総額は220.3兆円と試算され、国家予算の2倍以上となります。

まとめ

対策を講じることで被害を軽減することができます。
一方で、早期の避難や防災対策が被害を軽減することもわかっています。

多くの人が早期に避難すれば、津波による犠牲者は最大で80%減少し、建物の耐震化を進めれば、倒壊する建物は40%減少すると試算されています。

最新の数字によると、2019年5月に内閣府が発表したところによると、死者数は3割近く減って23万1,000人、建物の破壊・焼失数は1割以上減って209万4,000人になるという。
内閣府は、「今回の推定死者数の減少は、東日本大震災後に住民の津波避難意識が高まったことによるものだが、今後の調査結果によっては推定死者数が再び増加する可能性もある。そのため、災害対策計画に変更はなく、政府は引き続き対応策を推し進めていきます。

被害を軽減するために、事前に避難の準備をするための対策が引き続き行われます。

皆さんも家の備蓄などは定期的に点検しそなえましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました