あおり運転を通報するには?

あおり運転とは?

煽り運転とは、他の車両の後ろに密着して極端に差を詰めたり、他の車両の妨害や追い越し行為に怒りを感じて極端な報復行為をすることです。

例えば、以下のような行為が該当します。

衝突地点までの距離を縮めることで、前の車に道を譲らせること。
高速で前の車についていく。
ハイビーム、パッシング、ホーンを鳴らす、車を止めるなどして、他の車を威嚇すること。
相手車両を強制的に停止させたり、脅したり、攻撃したりして、相手車両の移動を妨害すること。
上記以外にも、費用の補償などを得るために意図的に事故を起こす「当て逃げ」も “煽り運転 “に分類されます。

そのような行為をしたドライバーの不注意で、煽られた車が事故を起こしただけでなく、第三者に二次災害を与えてしまったケースもあります。

あおり運転の罰則は?

あおり運転の場合、前の車と後ろの車の距離を狭める行為を頻繁に行うことは、道路交通法のいわゆる「車間距離不保持」に違反し、後の車の進行を妨げるために急ブレーキをかける行為は「急制動の禁止」に違反し、周囲の車を危険にさらすために車を止める行為は「安全運転義務」に違反しています。

標準車には以下の罰則があります。

高速道路で安全な距離を保たなかった場合の罰則の例
罰金9,000円
罰金を支払わない場合は、3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金が科せられます。
違反で2点
公道で車間距離を取らなかった場合の罰則の例
罰金6,000円
罰金を支払わない場合は、5万円以下の罰金が科せられます
各違反に対して1点
急ブレーキの禁止に違反した場合の罰則の例
罰金7,000円
罰金を支払わない場合は、3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金が科せられます。
違反で2点
安全運転義務違反の罰則の例
罰金9,000円
罰金を支払わない場合は、3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金が科せられます。
違反で2点

等の罰則が適用されます。

知らず知らずのうちに「加害者」にならないためにはどうすれば?

他の車両を挑発する意図で(交通妨害の意図で)上記項目のいずれかの犯罪を犯し、道路交通に危険を及ぼす恐れがある(交通危険の恐れ)、または実際に道路交通に危険を及ぼした(著しい交通危険)と認められた運転者は、運転妨害の罰則は厳しいです。

不慮の事故を起こしやすい違反としては、

車間距離不保持

進路変更不履行

追い越し不履行

減光不履行

安全運転不履行などがあります。

例えば、車間距離の不保持は、高速道路でよく起こります。特にバイクの場合は前部がライダーに近いため、バイク乗りは「まだ大丈夫」と車間距離を詰めてしまう傾向があります。前の車から見ると、ライダーのミラーに車が大きく映っていて、車が距離を詰めようとするので、ドライバーがアクセルを踏むのですが、後ろのライダーもそれに追従して何とか距離を詰めるというよくある状況です。バイクに乗るときは覚えておいてください。

安全は時間のゆとりからです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました