コロナの逆境の中での転職か起業かを決めるポイントは?

新型コロナウイルスの蔓延は、世界の経済状況を一変させた。その結果、コロナのある時代に転職活動や働き方の変化が広がっています。特に、「転職したいけど、この状況で転職できるかわからない」「転職のタイミングを探していたけど、今は行き詰まっている」という方は、将来の不安が大きいのではないでしょうか。

この記事では、新しいコロナウイルスが転職市場に与える影響を見て、コロナウイルスをきっかけに転職するためにできる具体的な行動をご紹介します。

転職すべき人、現職にとどまったほうがいい人はそれぞれの特徴

転職活動を始めると転職できないのではないか?という不安を感じている方は多いのではないでしょうか?

転職への影響を心配している人の話をよく聞いてみると、「不安はコロナの影響が直接の原因だ」というよりも、「コロナの震災によって、転職に対する元々の不安がとてつもなく緩和された」と言っている人が多いようです。このような不安はしばらく続きそうですね

まず、転職すべき人は大きく分けて3つあると思います。

(1)絶望的な状況に陥っていて、動かざるを得ない人

倒産や未払い賃金に直面している企業のパターンです。

(2)業界全体が不況に陥っている場合

自社が戦略的なミスをしている場合には、近い将来に動かざるを得ない状況になっているかもしれません。売り上げが落ち込み、改善の見通しが立たない荒涼とした未来が待ち受けている業界であれば、一刻も早く対策を講じるべきです。

(3)実現したいことがすでに決まっている人(今の会社以外で)

起業や異業種への挑戦など、行きたい場所がわかれば時間を無駄にする(今の仕事にとどまる)ことはないです。

一方で、もっと考えるべきなのは、転職の目的がはっきりしていない人や、転職したとしても漠然としたキャリアアップや即戦力となる少額の年収アップに限られている人です。転職することで付加価値の高い仕事に就くことができるのか、慎重に検討する必要があります。

新型コロナウイルスの転職市場への影響は?

新たなコロナウイルスが一部の経済活動を停止させたことで、多くの企業の将来が危ぶまれ、雇用市場にも大きな影響が出ています。

転職したいと思っている人の中には、新型コロナウイルスの影響で求人が少なくなったという印象を持っている人もいるかもしれません。

確かに、採用を停止したり延期したりしている企業があるのは事実ですが、それでも普通に求人を出している企業は意外と多いのです。

しかし、新型コロナウイルスが封じ込められる見通しが立たない中、今後の雇用市場への影響は未知数です。今は転職が難しくても、常に最新の情報を集めて将来に備えることが大切です。

ねらい目の業界は?

外食産業、娯楽産業、観光産業は新型コロナウイルスの影響で大打撃を受けています。

一方で、オンラインで行うITやネットワーク関連の業界では、需要が高まっています。

これらの業界は遠隔操作に適応しやすく、オンラインサービスの需要が高いため、今後も安定した採用活動が期待されています。転職を考えているのであれば、このような業界がおすすめです。

まとめ

実際の就職活動では、どのような点がポイントになるのでしょうか?

面接でも履歴書でも、雇用主の気持ちを知ることが大切です。中途採用は、生涯の収益を考えるとかなり高額な「取引」になる可能性があります。

また、一度採用された人は簡単には解雇できませんし、場合によっては既存の従業員にも悪影響を及ぼす可能性がありますので、リスクがあります。短期間で非常に難しい「買い」の決断を迫られている人事担当者や担当役員をどうやって惹きつけるかを考えなければなりません。

まず最初にやるべきことは、自分が何のためにお金をもらう価値があるのかを把握することです。例えば、企業の営業職や特ダネの記者であれば、自分が世の中に貢献できると思う仕事を特定し、その分の給料をもらうべきだと思います。まず自分が何者なのかを見極めて、それを事業主の目線でわかりやすく説明することが、投資にかかる人的コストの価値があると思います。

新しい仕事の面接では、過去の実績を自慢する人もいますが、正直なところ、企業はあなたが前の会社で何をしていたかに興味を持っていません。正直なところ、企業は前職での実績には興味がなく、前職で何をしたかを聞いて、新しい会社でその実績を再現できるかどうかを確認しているだけです。

雇用主のニーズを理解していれば、「I think I think I can contribute to your company _ as I have in past . 雇い主のニーズを理解して、『過去に だったので、_ であなたの会社に貢献できると思います』というようなことを言った方が良いでしょう。履歴書も同様です。その会社で成功できるかどうかを示すヒントを履歴書の中に見つけようとしているのです。前職で使った成功事例や方法が、相手の会社でも再現できると感じてもらえるような書き方をしたいのですね。

コロナ災害以降、求職者にとっては採用人数の減少や選考基準の厳格化など、強い逆風が吹いています。徹底した「買い手目線」で自分を売り込むことが必要不可欠だと思います。

めげずに乗り越えていきましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました