【コロナ接種】順番待ちは?AIでワクチン接種?会場はどこになる?

予防接種の証明書を発行し、海外旅行の条件とする取り組みには不賛成の意向を示した。アレルギーがあってワクチンを接種できない人がいます。

彼は「国際システムは予防接種をしないとできないように作られているとは思えない」と強調した。国際的には予防接種をしないと何もできないようなシステムになっていると思います。

はたして、安全な予防接種とは?

米予防接種実施諮問委員会によると、ファイザー社などが開発した新型コロナウイルスワクチンを接種した約99万7千人のうち、接種部位の痛みが67・7%、倦怠感が28・6%、頭痛が25・6%、筋肉痛が17・2%、発熱が7・4%、関節痛が7・1%、悪寒が7%と報告されています。

吐き気があり、6.8%の方がむくみを訴えていました。発熱が7.4%、関節痛が7.1%、悪寒・吐き気が各7%、むくみが6.8%であった。

重度のアレルギー反応も報告されています。

ワクチン接種開始から1月18日までに米国で実施された99万4,247件のワクチン接種を調査したところ、「アナフィラキシー」と呼ばれる重篤なアレルギー反応が50件確認されたことが分かった。

つまり、20万回の予防接種ごとに1.0057例が確認されたことになります。

症状を発症した人の年齢中央値は38.5歳で、26歳から63歳までで、94%が女性でした。

74%がワクチン接種後15分以内、90%が30分以内に症状を発症した。

8割が過去に薬や食べ物にアレルギー反応を起こしたことがあると報告がありました。

筋肉に針を刺すので痛みがあり、腫れているという報告が多いです。

怖いのはアナフィラキシーの症状です。症状としては、じんましんが出たり、血圧が急に下がったり、のどが腫れて呼吸困難になったりします。

新型コロナワクチンは、アナフィラキシー症状を引き起こす頻度が20万人に1人と、通常のワクチンよりもやや高い。しかし、ペニシリンなどの抗生物質に比べれば、その割合はかなり低い。

 アレルギー症状は、主にアレルギーを持っている人に起こります。

アレルギー体質の人は、医師に相談して接種するかどうかを決めることができます。

症状が出やすい接種後20~30分は注意して観察しましょう。

症状が出ても、すぐにエピネフリン注射などの適切な処置を行えば、

命に関わることはほとんどありません。

AIでワクチン接種?

株式会社コロナ(東京都千代田区、代表取締役社長:米重勝弘、以下「当社」)は、速報アプリ「NewsDigest」にて、16歳以上の全国民を対象にAIを活用した予防接種スケジュール予測機能「新コロナ予防接種予測」の提供を開始しました。

同社の担当者によると、AIは人口統計データや全国の都市の予防接種プログラムに関する独自の調査データなどの基礎データをもとに訓練されたという。16日現在のAIの予測によると、基礎疾患のない新宿区の64歳以下の人がワクチンを接種するには約5~8カ月、青森市などの都市部では約7~11カ月かかるらしいです。

同社の調査に回答した662の自治体のうち、単純に接種場所が決まっていないと答えたのは22%、医師や看護師との調整ができていないと答えたのは46%、9月に2回接種を完了すると答えたのは31%で、次いで年内に接種しないと答えたのは23%だった。システム開発の遅れが浮き彫りになりました。

接種が受けられる会場は?

一般的には、お住まいの市(住所)の医療機関や予防接種会場で接種、インターネット上に一般的な予防接種情報サイトを開設し、予防接種を受けられる医療機関や予防接種サイトを探していただく予定とのことです。また、お住まいの自治体の広報もチェックしてみてください。

 以下の条件を満たしている人は、居住地以外の場所で接種できると考えられています。具体的な手続きについては、今後お知らせする模様です。
  

入院・入院中に居住地以外の医療機関・施設で予防接種を受けた方
基礎疾患の治療を行っている医療機関でワクチンを接種した方
居住地が居住地と異なる方

また、職場の医療従事者等の予防接種先についてもお知らせするとのことでした。

まとめ

報道にもありますように国民の皆様には新しい冠状動脈ワクチンの接種をお勧めしていますが、強制ではありません。ワクチン接種は、完全な情報が提供された後に、受信者の同意を得てのみ行うことができます。
 ワクチンを接種する人は、自発的に接種しており、感染症予防の効果や副作用のリスクを認識しています。接種は、受給者の同意なしに行ってはならないです。
 また、職場や周囲の人に強制的に接種させたり、接種していない人を差別したりしないようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました